株式会社ラクジュ

パッシブデザインの注文住宅、中古リノベーション

不動産の不思議

イベント情報

不動産の不思議、売買って?

不動産の不思議、売買って?

不動産には不思議がいっぱいです。

その中で、そもそも不動産売買についてお話しします。

一般的に土地や建物を購入する場合は不動産屋さんに行きますよね
では、なぜ不動産屋さんに行くのでしょうか?

それは、不動産屋さんでしか購入出来ないからですね!
正確には、直接売主さんから購入も可能ですが・・・

不動産は、一般の方の所有を売りに出している物件を一般物件
不動産業者が所有している物件を業者物件とします。

さて、この違いは不動産を購入しようと考えて入る方はわかるでしょうか?

  • 答えは通常、契約直前にしかわかりません(一般的な仲介会社の場合)

では、一般物件(持ち主が一般の方)と業者物件の場合に購入者に影響は?

  • 答えは例えば住まい給付金や住宅ローン減税などが変わります。
    一般物件を購入する時、住まい給付金はもらえません。
    また、住宅ローン減税は、一般物件は最大2000万円、業者物件は4000万円まで

さらに、瑕疵担保責任は、一般物件はおよそ3ヶ月程度、業者物件は2年です。

だったら断然!業者物件のの方がよいの??

実は物件自体の価値的には大きく変わりがありません。

そうであれば、知らなくても良いのでは・・・

という感じであまり意識されない状態にあるのかもしれません。

でも考えて見てください。
3000万円の中古住宅を購入した時、ローンを3000万円借りた時
一般物件は最大で約200万円の控除、業者物件は約300万円と100万円も差が出ます!

こんなに重要な事なので購入者が知るのは一般的に契約直前の重要事項説明の時です。

これには、不動産業界の特有の事情もあるのです。

それでは、最後の問題です!
3000万円の中古戸建を購入する時、不動産屋さんに支払う手数料はいくら?

  • 答えはその物件が、売主物件か媒介物件かによって変わります。

次回は、不動産のブラックボックス、仲介手数料について

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

住まいの情報プレゼント

住まいの情報プレゼント
住まいづくり、家づくりに関する様々な情報を無料でお届けします。
  • 土地・建物探しから新しい住まいを探している方
  • 現在お住まいの建替え、リノベーション、リフォームなど
  • 中古住宅を買って、リノベーションしよう!!
資料をご希望の方は、フォームにご記入ください。 *お約束します。ラクジュでは、しつこいセールスなどは絶対に致しません。

最近の投稿

More