株式会社ラクジュ

パッシブデザインの注文住宅、中古リノベーション

ホームインスペクション

イベント情報

ホームインスペクターの小道具ーその2

ホームインスペクターが使う調査の小道具ーその2

中古住宅や新築住宅など住宅を購入するとき
その建物が本当に大丈夫かを調査する専門家がホームインスペクターです。

今回の小道具は、ホームインスペクションで最も重要な傾きを調べる小道具です。

水平器+レーザー水平器

まずは水平器

DSC07927.jpg デジタル水平器

 DSC07939.jpg  床や壁の水平を測定します。

建物で最も重要な傾きは、建物評価の上ではある程度の基準があります。

  • 1mで3mm(3/1000)以下であれば問題がない
  • 1mで6mm(6/1000)以上であると瑕疵の可能性が高い

ちなみに、6/1000の傾きがあるという事は、6畳の部屋の長辺が約3.6mとすると
21mmの傾きがあるということになります。

水平器では、基本的にこの傾きを部分的に測定するときに使います。

床の材質によってはこの水平器では測定しずらい部分や大きな家の傾きをとらえるのには不向きです。

そこで、レーザー水平器は登場です。

DSC08460.jpg レーザーが水平、垂直に発光する

このレーザー測定器によって、部屋の4隅や壁の傾きなどを全体的に測定できるので
建物が不同沈下を起こして傾いているなど建物全体の傾きを調べることが出来ます。

建物は40~80トン程度通常の木造住宅はあると思いますので地盤の施工不良などにより
建物傾いている家は、その修正に莫大な費用が掛かりますので注意が必要です。

傾きには、様々な状況があり経験と知識がないと間違った判断をしてしまう事もあり
ホームインスペクターの技術レベルが重要になります。

中古購入には最も大切な要素ですね!!

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

住まいの情報プレゼント

住まいの情報プレゼント
住まいづくり、家づくりに関する様々な情報を無料でお届けします。
  • 土地・建物探しから新しい住まいを探している方
  • 現在お住まいの建替え、リノベーション、リフォームなど
  • 中古住宅を買って、リノベーションしよう!!
資料をご希望の方は、フォームにご記入ください。 *お約束します。ラクジュでは、しつこいセールスなどは絶対に致しません。

最近の投稿

More