株式会社ラクジュ

パッシブデザインの注文住宅、中古リノベーション

ホームインスペクション

イベント情報

家の傾き

ホームインスペクション(住宅調査)の1項目

家の傾きを調査します。

家の傾きといっても、例えば柱、床などの水平・垂直を調べることです。

柱が傾いていれば、当然、家としてはあまり良くない状況ですね。

柱や壁の傾きには3種類の原因が考えられます。

1つ目は、地盤が傾いている場合

2つ目は、基礎より上の建物が全体的に傾いている場合

3つ目は、その部分のみ施工不良で傾いている場合です。

110330008.jpg

最も重症なのが、当然ですが1つ目の地盤の傾きです。

不同沈下といいますが、地盤が軟らかい部分が沈んでしまった状況です。

この場合は、床を調べると解ります。床も傾いているからです。

地盤による不同沈下は、直すのがとても困難です。

柱・壁・床などの傾きですが、品確法などに6/1000未満が不良という基準なります。

床で考えれば、3mの長さで、18ミリの高低差があると良くないこととなります。

この様な、基準を基に、住宅の評価をしています。

ラクジュ 本橋

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

住まいの情報プレゼント

住まいの情報プレゼント
住まいづくり、家づくりに関する様々な情報を無料でお届けします。
  • 土地・建物探しから新しい住まいを探している方
  • 現在お住まいの建替え、リノベーション、リフォームなど
  • 中古住宅を買って、リノベーションしよう!!
資料をご希望の方は、フォームにご記入ください。 *お約束します。ラクジュでは、しつこいセールスなどは絶対に致しません。

最近の投稿

More