株式会社ラクジュ

パッシブデザインの注文住宅、リノベーションと不動産

横須賀市IH邸、外構工事

約 2 分

横須賀市IH邸新築工事(長期優良住宅、耐震等級3)は、外装工事が完了しました。

外装工事は、左官塗り壁です。

DSC04968.jpg 外装工事が始まりました。

外装工事の作りを順番にお伝えしますと。

まずは、下地作り、外壁は家の寿命、メンテナンスコスト関わる重要な要素です。
雨漏りしやすい、壁内の湿気を排出できる素材など建築技術の見せ所です。

DSC04699.jpg 耐震の耐力壁と共に下地となる面材を施工

その上に、透湿防水シートを施工します。
透湿性のある面材と共に壁内の湿気を排出して、さらに外からの雨水を防水します。

DSC05180.jpg 今回は、左官壁(塗り壁)です。

モルタルを施工するのですが、それを支える下地のラス網を貼ります。
このラス網の内側には通気層を取って、雨水の壁内流通を防止することと
屋根の通気層まで一貫して通気層を作ります。

DSC05187.jpg 下地のモルタルを塗ります。

モルタルの役目は、防火性能を持たせることにあります。

DSC05367.jpg 仕上の塗り壁が完了しました。

ガラス質の骨材を使用した天然無機質素材を使用します。
木ずり仕上げとして、風合いがあります。

外壁は、簡単に出来るのではなく、たくさんの技術が詰まった作りとなっています。

長い年月を風雨から守るため、そして火災にも大切な財産を守る
丁寧の設計、施工していくことが大切です。

そのような作りが、将来の家の価値を高めます。

ラクジュ本橋

株式会社ラクジュ一級建築士・不動産コンサルM・宅建士・相続士lakuju-motohashi
一級建築士、不動産コンサルティングマスターとして住まい、住宅、家を専門に不動産から建築までの幅広い知識を持ち住まいについてのエクスパートです。

COMMENT ON FACEBOOK