株式会社ラクジュ

パッシブデザインの注文住宅、中古リノベーション

逗子市O邸、中間検査

約 2 分

逗子市O邸新築工事(断熱Q値2.1、構造等級Ⅲ)は、中間検査を行いました。

中間検査とは、住宅瑕疵保険において構造躯体、防水、耐震金物などが
設計通り施工されているかチェックをする検査です。

木工事、中間時に行う。

120717072.jpg 構造計算により耐震設計をしています。

地震や強風など家の横方向にかかる応力を支えるのが耐力壁といいます。

通常の木造ですと筋違という斜めに固定された材で作ります
これを2X4構造で作ると構造用合板によるパネルにて作ります。

ラクジュでは、耐震設計の基本的な考え方は、その両方を使う事です。
まず、外壁外周部分は、すべて構造用合板により固めます。
そのうえで、構造計算により基準法の1.5倍の強度が得られるように
バランス良く、筋違やパネルを配置していきます。

120717025.jpg 構造パネルと筋違のハイブリット

なぜそうするか?

答えは、本橋までお聞きください。

ラクジュ 本橋

About The Author

株式会社ラクジュ一級建築士・不動産コンサルM・宅建士・相続士lakuju-motohashi
一級建築士、不動産コンサルティングマスターとして住まい、住宅、家を専門に不動産から建築までの幅広い知識を持ち住まいについてのエクスパートです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

住まいの情報プレゼント

住まいの情報プレゼント
住まいづくり、家づくりに関する様々な情報を無料でお届けします。
  • 土地・建物探しから新しい住まいを探している方
  • 現在お住まいの建替え、リノベーション、リフォームなど
  • 中古住宅を買って、リノベーションしよう!!
資料をご希望の方は、フォームにご記入ください。 *お約束します。ラクジュでは、しつこいセールスなどは絶対に致しません。
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • Category
  • Tag Cloud